ボニュイメージ画

本物の最高級フレンチ

   
       

画像引用:https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13184186/

Bon.nu(ボニュ)

とある女の子と同伴をすることになりました。
そのお店には割とよく通っていて、彼女のことは結構前から知っていました。

ただ彼女はそこまで頻繁に出勤するタイプではなかったのでなかなか接点が持てず、足を運んでも
彼女が出勤していなかったり、他のテーブルにいたり。

だから彼女を見かけてから同伴にこぎつけるまでには半年はかかりました。だからこそ、失敗できないなって
気持ちもあってお店選びは慎重になりました。
もしもここでお店選びに失敗したらこれまでの努力が水の泡になってしまう可能性もあります。

彼女が満足してくれるお店であらい、且つ自分自身もあんまり緊張しないお店が良いなと。
格好つけて自分にとって分不相応で緊張するようなお店に行って相手と楽しめなければ意味がないなと。
それで何度か足を運んだことがある「ボニュ」にすることにしました。
 

【程よい緊張感にワクワクできる】

フレンチのお店で、初めて足を運んだ時には物凄く緊張したのを覚えていますが通うようになると
お店の雰囲気が良いことに気付きました。

何よりとっても美味しい料理は絶対に彼女も満足してくれるだろうと思って少々奮発気味でしたけど足を運びました。
お店の近くで待ち合わせた時から彼女は笑顔を向けてくれていたので嬉しい気持ちと共に「この笑顔を曇らせてはならない」という妙な使命感も生まれました(笑)
 

【お皿まで楽しませてくれる趣向】

彼女はあまりフレンチのお店には行ったことがないと聞いて、もしかしたらお店選びに失敗してしまったかもしれないなと
思ったものの、運ばれてくる料理を口にした際の反応を見て、そんな心配は必要ないなと確信しました。

味もさることながら、こちらのお店はお皿がとっても個性的。
男の自分でさえついついお皿に目が行ってしまうことも珍しくなかっただけに、女の子なら気に入ってくれるだろうとの
予想も見事に的中。

味と共にお店の雰囲気やお皿にまで喜んでくれていた彼女を見て、このお店を欄で大正解だったなと。
その後、お店を移してからも終始彼女と楽しい時間を過ごせたのも、美味しい料理や個性的な「ボニュ」の雰囲気の
おかげかなと思っています。
 

【アクセス】

〒151-0053 東京都渋谷区代々木4丁目22−17 クイーンズ代々木
tell:03-6300-5423